インプラント


 あなたの選択 
1、あまり文字を見たくない方コチラヘ
2、詳しくご覧なりたい方は以下へお進み下さい。        

 先ずは、歯科医院でよくある患者さんの「困り事」について述べさせてもらいます。
抜歯の宣告!
 歯科医院で、抜歯を告げられたらショックを隠し切れませんよね。
長く機能してくれた歯との別れ、先々が不安いっぱいです。
虫歯が重症で抜歯以外処置がないと言われた時や、特に最近は歯根破折といって患者さんにとっては思いがけない状態になってしまっていて、「どうして、残せないんだー」
と訴えてこられる方も多く見受けられます。
また、歯周病の場合、噛む際に頼りなくグラグラだったり、虫歯でもなさそうなのにしみたり噛むと痛くなってきたり。。。
どうなることやらと不安を持ちつつ歯科へ行くと抜歯を宣告されたなんて方も多くいらっしゃいます。

あきらめの境地え!入れ歯ですか?
患者さん側は「しょうがない、この状態では困る。もう入れ歯にするしかないでしょ?」と諦めつつ歯医者へと行くことになろうと思います。
しかし、そんな入れ歯の問題が以下です。
「どうしても受けいれられない」
「なんじゃーこりゃー!この違和感、物が詰まる、引っかかる、喋りにくい、かむと痛い、何度調整してもらってもダメだ」
「元気だったあの歯が戻ってきてくれー」
落ち込む気持ち、装着したくない気持ち、本当によく聞くものです。

本当は何よりも自分の歯が一番!
 ということには異論はないでしょう。しかし、歯との別れは突然やってきます。
何とかしたい。
これから先、何年も美味しく食べられない人生を送るなんて考えられない。
別れて初めて解る歯の大切さ。
それなら、今できる治療で最大限出来る事って何なんだろう?
ともかく、歯を抜かれても昔の自分の歯のように硬いものでも美味しく咬めるようにしてもらいたいよ、、、、、
そこでついに「インプラント」の出番です!
特に、現在お元気にお過ごしの年配の方が増えつつある時代、インプラントの需要が多くなってきているように感じます。
 
 では、早速、症例をお見せしますが、症例はごく一部です。
最終的には当医院でのご説明をよく聞いていただくことをおススメいたします。
 症例説明閲覧はこちらをクリック→インプラントの症例集

最後までお読みいただき、ありがとう御座いました。

 

鹿児島市名山町10-4 TEL 099-225-0909

インプラントのご相談は ながい正彦歯科 & Medical beauty salon Bianca