虫歯の最小治療MI(Minimum Intervention)とは

[`evernote` not found]

MI(Minimum Intervention)ミニマムインターベンション

削る、抜くなどの歯に対する外科的な治療を最小限にとどめ、
できるだけ歯を残し、最大限に改善しようという考え方。
「他院で『削らなければならない』『抜かなければならない』といわれました」
そう言って半ばあきらめながら来院される方は多いです。
なるべく歯を削らない治療のひとつであるドックスベストセメント治療
この器具に示すような極々小さいドリルで削る部分を最小限にとどめる治療を実践し、
ながい正彦歯科では歯質を丁寧に処理します。
また、大事な歯の治療後には歯質の強化を図る予防を行っています。

前歯の隠れ虫歯 細かく削ります 治療後はこんな感じ

以下の画像は上記の治療に用いた器具です。
その大きさを隣のボールペンと見比べて下さい。

用途に合わせて形状も様々 ボールペンと比較しても一目瞭然

なにも触られて無い天然歯が削られてしまうと、そこは再生不可能となります。
歯の詰め物などで覆われた部分の歯質は永遠に戻る事の無いとても貴重なものです。
この考えを早い段階から持つ事により、入れ歯やインプラントや差し歯などから避けられるのです。
つまり、出来てしまった虫歯は最小にし、今後虫歯にならない為の予防歯科がとても大事なのです。